七五三詣

 『七五三詣』は、男の子が三歳と五歳に、女の子は三歳と七歳に晴れ着を

着て神社・氏神様に参詣し人生の節目をお祝いする行事です。

 

三歳は「髪置の儀」(それまで剃っていた髪を伸ばし始める)

五歳は「袴着の儀」(初めて袴を着ける)

七歳は「帯解の儀」(小袖に縫い付けられていた紐を取り、初めて帯を締める)

の儀式が由来となっています。

 

 

数え年、満年齢のどちらでもお詣りしやすい時に、神様にこれまでの成長を奉告・感謝し、これからの無事を願い、成長の節目を家族でお祝いしてください。

 

◇当社での七五三詣は、通年受け付けております。

 

◇千歳飴は10月以降の授与となります。

 

※10月、11月の土日祝日(9時から14時まで)は安全確保の観点より、境内駐車場の利用は出来ません

境内は乗降場としてご利用いただき、お車はお近くのコインパーキングをご利用ください。

七五三詣授与品


玉串料5,000円


玉串料7,000円


玉串料10,000円