夏越大祓神事・茅の輪くぐり

大祓とは、私達が日常生活において知らず知らずのうちに犯した過ちや、罪穢(つみけがれ)というものを形代に移しかえ、神前に於いて祓い清め、清く明るく正しく誠の心に立ち還り、新しい活力を養い、日々の生活を清々しく送ることを願う神事であります。


六月の大祓は「夏越の大祓(なごしのおおはらい)」と申しまして、夏の暑さより身を守り、心身疲労による悪病や災難を形代に移しかえ、心身の清浄ならんことを祈念し、皆様方の身代りとして祓い清め河川に流し去り、罪穢の消滅を祈念する神事です。

 


*神事日時*

・毎年6月30日 午後四時斎行


*申込方法*

・毎年6月1日より社務所または御賽銭箱にございます、大祓人形に氏名・年齢を記し、身体を撫で息を吹きかけ、心身の罪穢を移して、玉串料を添え社務所までご持参下さい。(大祓当日、午後3時まで)

 

・茅の輪御守、夏越大祓御朱印を授与致します。(玉串料千円以上お納めの方)

*御朱印帳をお持ちの方*

浄書(御朱印帳に直接御書入れ)にてお渡しいたします。日付けは、大祓申込日となります。

*御朱印帳をお持ちでない方*

書置の御朱印をお渡しいたします。日付は、令和三年六月三十日となります。

 

※大祓当日(6月30日)浄書の御朱印は、お渡しまでお時間がかかる場合がございます。

※浄書での対応は、6月1日午前10時~6月30日午後3時までにお申込みをされた方に限らさせていただきます。


※神事終了後、御神酒・水菓子をご用意しております。