紀元祭特別御朱印

神武天皇が即位した建国の日(2月11日)に際して、皇室の繁栄と国の益々の発展を祈るお祭りで、中祭にあたります。

 

2月11日紀元祭当日のみ通常御朱印を特別御朱印として授与させていただきます。

初穂料 300円


祈年祭特別御朱印

皇室の弥栄と国家・国民の一年の安泰を祈り2月17日に行われるお祭りで、大祭にあたります。

我々の主食である米(稲)の豊穣をはじめあらゆる産業の発展、国力の充実が祈られます。

 

2月17日祈年祭当日のみ通常御朱印を特別御朱印として授与させていただきます。

初穂料 300円


境内末社 稲荷神社例祭特別御朱印

伏見稲荷大社の御祭神である、宇迦之御魂大神(当社の御祭神表記は『倉稲魂神』となっております)が伊奈利山(稲荷山)に御鎮座された日が和銅4年(711年)2月の初午(はつうま)の日であったことから、毎年立春を過ぎた2月最初の午(うま)の日を初午と呼び、全国各地の稲荷神社で「初午祭」という神事が行われます。

宇迦之御魂大神は食物に携わる神様とされることから、初午に稲荷神社を詣で五穀豊穣を祈るようになりました。

稲荷神社の「稲荷」は「稲生り」に由来するとされており、「おいなりさん」と親しみをもって呼ばれています。

 

当社では初午でなく、二の午の日に神事を御奉仕しております。

例祭日前日の宵宮、例祭当日の二日間、通常御朱印を特別御朱印として授与させていただきます。

令和4年は

宵宮祭が2月21日(月)

例祭日が2月22日(火)

となります。


天長祭特別御朱印

天皇陛下のお誕生日である2月23日に際して行われるお祭りで、奉祝の意を表すと共に、陛下の長寿と益々のご健康を祈るお祭りで、中祭にあたります。

 

2月23日天長祭当日のみ通常御朱印を特別御朱印として授与させていただきます。

初穂料 300円